2010年08月02日

カード私見 突貫突撃〜勝利の犠牲

最近コンクエ前のリハビリで対戦数増やしましたが、デッキタイプに幅が出来た気がします
ゼリグが多いのは相変わらずだけど……

いい機会なので、私の思うデッキタイプの変遷?でも

新エキスパンションが出る
   ↓
新カードを取り入れたデッキが流行る
   ↓
強カードが修正される(例:ミクニ、ジョイメル、アマゾネス、ネル
   ↓
修正されたカードが見向きもされなくなる
この時期に新エキスパンションから始めた初心者がオンラインデビューし始める
   ↓
初心者でも扱いやすい剣単、槍単が主流になる
グッドスタッフ、大型も増えだす
   ↓
グッドスタッフ、大型の台頭
次点に剣、槍、民、魔と続く
ゼリグ、ミョムト、槍クリ、テジロフが最も多く採用される時期
   ↓
初心者も対戦になれ、前時期のデッキタイプに飽きる頃
デッキタイプも多様になる←今ここ


ゼリグや槍クリはいつも人気ですが、デッキタイプが多様になると、扱い方のバリエーションも増えますね




・突貫突撃
様々なデッキの切り札
槍単、民兵、斧単でよく採用される
斧に入れる必要は特に感じない

・ゲリラ戦術
民兵、ウイニーでは必須
パリィよりも便利

・補給部隊
大型で稀に採用される
特にデッキに入れる必要はない

・食料基地攻撃
食料破壊では必須
普通のデッキに入れても意外に活躍する

・アンプッシュ
説明不要

・挑発
説明不要

・嘘報
一時期は必須
どのデッキに入れても活躍する
保険として使える

・戦略的撤退
説明不要

・強行軍
剣と相性がいい

・現地の案内人
説明不要

・帰還の狼煙
食料英雄や戦術英雄を帰還させるのが主任務
イットクを帰還させるといのもアリ

・突風
亀と選択で迷う
民兵やウイニー、斧単なら採用の余地あり

・馬防柵
対戦はまだ一度も見たことのないカード

・ぬかるんだ大地
対戦はまだ一度も見たことのないカード

・大洪水
民兵、ウイニーでは切り札
相手の手札が多いときはこのカードに注意
不自然に後退した時はほぼ確実にクロ

・現地調達
滅多に採用されないカード
民兵では有利な状況を盤石にする時に使うときがある

・細い一本道
騎単、斧で稀に採用される
使われると厄介

・情報収集
斧や民兵で採用される

・発見された遺跡
カウンターに注意

・暗殺
滅多に見ないが、実は優良カード

・勝利の犠牲
ハスカール、ヤリスタル、突貫と共に用いられることが多い
稀に召喚を使う


戦術編は適当だろーとか言われそうだけど、アキタトカそういう訳ではありません
多分
おそらく
posted by まりも at 22:00| Comment(0) | 初心者講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。