2011年01月14日

第2回 BLで見る心理学

前回の続きです


1、常に単種ばかり使う人
2、スプリントやアサシン、早い段階でのピリカなど超短期決戦の運勝負の人
3、どのデッキにも同じカードばかり入ってる人(ゼリグ、ワンドラなど)
4、ドロー、食料加速して大型を並べる脳筋な人
5、ネタだろ?と思うような遊び心満載な人


あえて前回とげのある書き方をしましたが、これは自分のデッキ構築の癖を知るためのものです

最も重要なことは自分の一番嫌なタイプはどれかということです
人間とは自分の性格に近いものほど親近感がわき、逆にこれだけは嫌だor直したいと思うものに嫌悪感を抱くそうです
つまり、自分が許せると思ったものほど自分のデッキタイプ、もしくは構築の際の癖です
逆に嫌だと思ったものほど、構築してないことがあります


ちなみに私は5−1−3−4−2の順でした
完全にネタと分かるようなデッキはあまり使用しませんが、一工夫はするようにしてます
プルルばっかり使ってるんだから、3が1番でないとおかしいはずですが、そこは同族嫌悪というやつです(実はゼリグを批判する資格はない?)

中途半端ですが、解説の続きは次回
posted by まりも at 00:19| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。