2011年01月14日

第3回 BLで見る心理学

今回でこのテーマは完結です

バトルラインでの心理戦の話はもう少し後になるので、それまで待っててください。


1、常に単種ばかり使う人
2、スプリントやアサシン、早い段階でのピリカなど超短期決戦の運勝負の人
3、どのデッキにも同じカードばかり入ってる人(ゼリグ、ワンドラなど)
4、ドロー、食料加速して大型を並べる脳筋な人
5、ネタだろ?と思うような遊び心満載な人

前回は相手を見ることで、自分の癖や特徴が分かるということまで書きました。
別にどのタイプが悪いとか、偏りすぎてるからいけないとか、そういう訳じゃありません
むしろ、一つに特化するというのも充分ありです
「あなたはどのタイプですか?」と聞くよりも、相手を客観的に見ることで無意識の自分の特徴が分かるので、質問内容は対戦相手ならばという形にしました
相手に対する感じ方から、自分の深層心理や抑圧された感情を理解することを「投影」というそうです
この「投影」は後の心理戦の記事で出てくるので、少し覚えておいてください



別にどれも嫌じゃないという人もいるかもしれません
その人はどのタイプもバランスよく使えてる人です
逆に、私のように使用カードに制限を加える人ほど結果は顕著です
好き嫌いせず、様々なカードやデッキ構築をすることで、マンネリが解消されるかもしれません
BLに飽きが来ている人はあえて今までとは対極のデッキを使ってはいかがでしょうか?


ちなみに、この心理テストは元々

1、怠け者な人
2、内気な人
3、ルーズな人
4、わがままな人

友達にするなら、どの順番にしますか?というものです
最も友達にしたい人ほど自分と性格が近いことが多く、逆は自分の直したい性格orどうしても許せないものということになります
実際、私は怠け者な人が友達だと安心しますw


次の質問はくだらないので、どうしても見たい人のみ以下反転


同じように、あなたが嫌な順番に並べてください
1、鞭でたたかれる
2、鞭で叩く
3、言葉で責められる
4、言葉で責める

これであなたの本性が明らかに?



次回はモチベーションに関わることを
posted by まりも at 20:20| Comment(0) | バトルライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。